コスプレイヤーが苦手な方もいるので、きちんとルールを守って楽しくコスプレをしましょう。

コスプレをする時に気をつけたいルール

ジャンルによって場所を選ぶのがコスプレです。

 

コスプレオンリーイベントならば武器などの大きさ制限も緩く、太刀やラケットなどの持ち込みが可能ですが、室内で行われるイベントでは長さ制限などが設けられています。
最大級のコミケでは室外にコスプレコーナーが設置されているので自由は聞きますが、それ以外の即売会ではどうなのかを纏めました。

 

主に禁止されていること

会場の指定による事は前提として、基本的に禁止されている事です。
血のり、危険物、刀などの長さがあるもの、ヘアスプレー類。
危険物とは、誤解を受けてしまうモデルガンなども含まれます。

 

血のりは周囲を汚す恐れがあるため、長物は知らずに人にぶつかって怪我をさせる恐れがあるためです。
ヘアスプレー類と言うのは更衣室内で髪をセットする際に使わないで下さい、と言う意味です。
1人ならばまだしも複数、大人数がスプレーを使用すればガスも溜まりますし、臭いも凄くなりますので。

 

コスプレをするとついついテンションが上がってしまいますが、私服よりも当然目立ちますので周囲に不快感を与えないよう注意しましょう。
コスプレオンリーイベント以外ではその場にレイヤーが苦手な方もいる事を忘れず、きちんとルールを守って楽しくコスプレをしてください。

 

また、コスプレコーナーとはあくまでも此処では写真を撮っても良いですよという場所なので、其処以外に行っては行けないと言う訳ではありません。
会場外に出なければコスプレをしたまま買い物をする事は出来ますのでご安心を。

 

一般の方も素敵なレイヤーを見掛ければ思わず声を掛けたくなります、レイヤーにはレイヤーのマナーやルールがありますが、それを一般の方に強いるのは控えましょう。

 

男装する場合長時間胸を押さえる事になるので時折休憩を挟むか、弛めるなどして体調管理に気を付けましょう。
それ以外にも版権元のキャラクターが真面目な学生なのにピアスをつけていたりネイルをしていると完成度がぐっと下がりますので、可能ならば装飾品などの類にも気を付けると素敵なレイヤーに近付けると思います。